北千住ランチを食べ歩く!ランチ情報が満載!北千住ランチサークル

北千住駅近辺の「リアル」ランチ情報を掲載

高級な店構え、気さくな店主との楽しい会話が出来る「きく鮨」

f:id:ksjlunchcircle:20170630140853j:plain

 テラサンがレポートします!

 

北千住にある、芸術センタービルすぐ近くにあるお寿司屋さん

きく鮨さんにいってきました。

 

【アクセス】

北千住駅西口から徒歩5~7分

 

【外観】

f:id:ksjlunchcircle:20170714115525j:plain

店構えは、非常に敷居が高そうな雰囲気満載です!

外に、メニュー表がでていますのでそれをみれば多少安心するはず!

【メニュー】

950円からあります。

お値段もそこまで高くなく、一番高いセットでも、えーい奮発しちゃえレベルで良心的。

f:id:ksjlunchcircle:20170630140759j:plain

ドリンクメニュー

f:id:ksjlunchcircle:20170630140809j:plain

 

私は、きく鮨にぎり/2,550円を注文!

相方は松にぎり/1,850円を注文

 

【カウンターに座りました】

f:id:ksjlunchcircle:20170630140835j:plain

回らないお寿司屋さんのガラスの中です。

卵焼きがンマソーでよだれが・・・・

 

カウンターからお寿司を握っているところが見えて、徐々にテンションが上がってゆきます。
セットメニューでも、かっぱ巻きを鉄火巻に変えて欲しいとか、さよりをこはだに変えて欲しいなどのお願いもきいてくれます。(差額がある時は料金の変動有り)
平日のランチにはサラダとお椀が付きます。土日のランチにはサラダは付かず、100円UPとなります。平日の方がお得ですね。

f:id:ksjlunchcircle:20170630140842j:plain

きく鮨にぎり/2,550円!

 

手際よく握ってくれたお寿司をカウンター越しに受け取ると、もうわくわくが止まりません。
まずは玉子から。甘さは控え目ですが、味はしっかりしています。関西人の私は、関東の玉子焼きが苦手なのですが、きく鮨さんのは美味しく頂けました。


次は数の子。塩味がしっかりしていて、少しからめ。こりこりとした触感がたまりません。


ここで大トロいっちゃいます。私、脂っこい大トロが苦手なのですが、きく鮨さんの大トロは天然もので、脂は甘くしつこくなく、触感はお肉のお刺身を食べている様にしっかりめ。大変美味しかったです。


次にいくら。ぷちぷちとお口の中ではじけます。塩味は弱め。


牡蠣。レモンでお味が付いているのでそのままどうぞとの事、そのままぱくり。丁度良く火が通って柔らかい、牡蠣の味がちゃんと味わえました。


赤貝久しぶり。こりこり感は弱めですが、存在感はあります。パンチが優しい赤貝です。


鯛いきます。瀬戸内で育った私は美味しい鯛が大好き。きく鮨さんの鯛は舌触りが程良い具合の美味しい鯛でした。


鮪。大トロがあんなに美味しかったんだもの、赤身が美味しくない訳がありません。はい、美味しかったです。


車エビ。甘くて程良い歯ごたえがあって、とっても素敵なお味でした。
蒸し穴子。軽く炙った穴子はとっても香ばしい香りがして、お口に頬ぼれば、その香ばしさがお口から鼻腔に広がります。


最後に雲丹。甘くてとろりと舌の上に広がります。


とっても食いしん坊な私、もう一回最初から始めたくなりました。でも今度は夜に来て、小鉢とお酒も頂きたいですね。


夜のメニューも見せていただきましたが、ちゃんとしたお寿司屋さんにしては、全体的にリーズナブルなお値段で、これは行かねばという気にさせられました。
お店の方との会話もとっても楽しかったので、お酒を吞みながら色々と味わいたいですね。

f:id:ksjlunchcircle:20170630140818j:plain

松にぎり/1,850円!

女性の板前さんもいて、お茶の差し替えなどのタイミングもとても良かった。
ビジネス、友人同士の気軽な会食、カップル、どのようなシーンにも対応できるようなお店のようでした。

f:id:ksjlunchcircle:20170630140827j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20170714115157j:plain

【メンバー】テラサン/SJ

【店名】きく鮨

【ジャンル】寿司、店主と気さくにトーク

【住所】東京都足立区千住仲町18-11

【ランチ喫煙可否】不可
【ランチ営業時間】11:30~14:30 ※夜 17:00~24:00(LO 23:30)
【TEL】03-6806-1427