北千住ランチを食べ歩く!北千住ランチサークル

北千住で勤務するメンバーが、北千住駅周辺のリアルなランチ情報をお届けする北千住専門グルメ情報サイト!

スタッフ募集 スタッフ募集

北千住で本格イタリアンランチ!「オステリアルーチェ」

気軽な一人飲み、昼飲みにも、女子会にもオススメのイタリアン

 【店名】オステリアルーチェ
【ジャンル】イタリアン、ワインバー、バル・バール
【住所】 東京都足立区千住仲町12-10
【営業時間】11:30~23:00、水曜19:00~23:00、土日11:30~21:00
【定休日】火曜日・祝日の月曜日
【ランチ喫煙可否】完全禁煙
【TEL】03-6673-4273
【アクセス】北千住東口駅より徒歩約5~7分

ずっと気になっていたイタリアンのお店、オステリアルーチェさん。9月5日からランチ営業が始まったという案内を見て、早速ランチへ!

お店へ行くには、ほんちょう商店街を藝大方面に向かって、交差点も越えます。

インドカレー店エベレストを越えると、お店は右手にあります。こちら。

オステリアルーチェ

店頭にメニューが出ています。

入店します。アンティーク調の木目が美しい落ち着いた雰囲気の店内。

気取らないオシャレさに癒されますね。

f:id:ksjlunchcircle:20180914145622j:plain
f:id:ksjlunchcircle:20180914144558j:plain

4種のランチセットと、前菜やチーズ盛り合わせなどの選べる1品

ランチセットを選ぶと、前菜やチーズ盛り合わせ、デザートとコーヒーなど、A~Eまでの品から好きな1品を選べます。

f:id:ksjlunchcircle:20180914145839j:plain

ランチを楽しみたい方は前菜やデザートを、昼飲みを楽しみたい方は惣菜盛り合わせやチーズ盛り合わせを選べばいいというわけですよ。このシステム、いい!

ランチセットのほかに、アラカルトメニューからも注文できます。こちらも美味しそう。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144605j:plain

オーダーすると、まずはパンが到着。フランスパンのようなハードブレッドでした。前菜のオリーブオイルを付けてウマウマ~!

f:id:ksjlunchcircle:20180914144552j:plain

選べる1品は、野菜のイタリア惣菜盛り合わせと、まんぼうのサラダ仕立てをオーダー。こちらがゴージャス!

f:id:ksjlunchcircle:20180914144618j:plain

惣菜盛り合わせは、さっぱりした白ゴーヤのピクルス、空心菜を早稲みかんで味付けしたデリ、パプリカとインゲンのしょうがとケッパー和え、トロリとした食感がおいしい茄子のグリルのオイル漬けの4品。

こちらは、まんぼうの腸のグリル。「まんぼうって、魚のまんぼうですかね?」と興味本位でお願いしたんですが、これ、うますぎる!

f:id:ksjlunchcircle:20180914144611j:plain

イカのような、ベーコンのような、モツのような歯応えと、あっさりした風味に、酸味のある爽やかなドレッシングがからんで、メイン料理が到着する前にすでに至福!

熊肉のハンバーグ、カボチャのパスタ

そして、メインが登場。パスタは2種ありましたが、アンチョビとカボチャクリームのパスタ(1,500円)をお願いしました。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144615j:plain

カボチャのパスタ…初めていただきます。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144653j:plain

甘いカボチャに、バターの味が混ざっていてまろやか~。でも、優しすぎないアンチョビの旨み。こんなパスタ食べたことなかったよー。お聞きしたところ、バターナッツかぼちゃをお使いなんだそうです。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144630j:plain

そして、二人目のメイン。熊肉のハンバーグ(2,000円)。「熊肉って食べたことないですよね」と、こちらも興味本位でお願いしたんですが…美味しい……。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144609j:plain

北海道のひぐまのすね肉を叩いてハンバーグにしたお品で、かかっているのはアンチョビと蜂蜜とワインビネガーのソース。ただ、ハンバーグは小ぶりなサイズで、北千住ランチサークル内でも一、ニ、を争う食いしん坊の女性メンバーがオーダーしたんですが、運ばれてきた時は「アレッ、小さい?」と、ちょっとしょんぼり気味に(笑)

f:id:ksjlunchcircle:20180914144602j:plain

でも、この肉質ですよ。ナイフがなかなか入らないくらい弾力があります。(網脂で包んでいるそうです)

f:id:ksjlunchcircle:20180914144647j:plain

香草(セージ、ローズマリー、タイムだそうです)が効いた弾力のある肉を、旨味のある甘辛いソースといただくんですが、これが本当においしい!「たらふく食べた」という感じではないのに、味と食感に大満足し過ぎて、これ以上何か食べたい、という気持ちは一切消えます。(会話が「おいしい」「ワイン飲みたい」の繰り返しのみになりました)

「この美味しさの余韻を消すことなく夜まで過ごしたいですね…」「わかる…仕事が終わったらこの舌のまま白ワインが飲みたいですね…」と、昼休みが終わって仕事に戻るのがいやになります。罪なお店です(笑)

絶品料理に、自然とワインが飲みたくなるお店

さて、こちらは夜のメニュー。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144559j:plain

ワインも充実しています。ワインが飲みたくなる料理ばかりなので、昼飲みも夜飲みも大満足できそうです。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144554j:plain
f:id:ksjlunchcircle:20180914144548j:plain

クラフトビールとカクテルも。お料理もお酒にもお店のこだわりを感じます。

f:id:ksjlunchcircle:20180914144543j:plain
f:id:ksjlunchcircle:20180914144600j:plain

常連客になりたいアットホームなイタリアン料理店!

こちらは、外にあった看板。きっとシェフと、お料理を運んでくださった店員さんですね!「嫌いな食べ物はありませんか?」「こちらの料理は〇〇です」など、すてきな笑顔で話しかけてくださって、楽しいランチタイムを過ごしました。ごちそうさまでした!

f:id:ksjlunchcircle:20180914144634j:plain