北千住ランチを食べ歩く!北千住ランチサークル

【北千住専門グルメ情報サイト!】北千住で勤務するメンバーが、北千住駅周辺のリアルなランチ情報をお届けします!

  北千住ディナーサークル_シーノー   北千住ディナーサークル_シーノー

土用の丑の日にはうなぎランチ!昭和31年創業のうなぎの老舗「まじ満」!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155342j:plain
【店名】まじ満 (まじま)
【ジャンル】うなぎ、居酒屋
【住所】東京都足立区千住仲町40-1
【ランチ喫煙可否】可
【営業時間】11:00~14:00、17:00~22:00
【定休日】第1・3月曜、第2・4日曜
【TEL】03-3888-4411
【アクセス】北千住駅徒歩西口6分

うなぎも魚介の定食も旨い老舗の名店!

ミリオン通りにある、まじ満(まじま)へ!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155351j:plain

ミリオン通りは「東京芸大前」の交差点を渡った先にある商店街で、足立市場の味がお弁当でいただけるかどのめし屋や、フレンチのLA CULIYA(ラ クリヤ)や、味わい渋~い喫茶店ルビー、親子丼が有名な文(あや)などが建ち並ぶ、グルメ通り! 昭和初期にこのあたりにあった、ミリオン座という映画館に由来した由緒ある商店街です。

昭和31年創業!歴史ある街、北千住ならではの老舗

その商店街に軒を連ねるまじ満は、なんと、昭和31年創業! 木彫りの看板が堂々たるものです。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155406j:plain

さて、メニューです。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155136j:plain

まじ満といえば、老舗のうなぎ屋! うなぎのメニューは、うな丼(1,750円)、うな重の特大、特上、上、並(4,000円、3,500円、2,700円、2,400円)などがありますが、せっかくなので、うな重の上(2,700円)を注文。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155243j:plain

オープン! なんと美しい焼き色!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155318j:plain

見るだけでわかります。ふっくら! 箸を入れてみても、びっくりするほど柔らかい…!!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155333j:plain

いただきます!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155342j:plain

結論。こちらのお店のウナギに歯は要りません!!…というくらい、とっても柔らかくてふわっとしています。うなぎのタレは、創業当時から注ぎ足して使われてきた秘伝のタレだそうですが、甘じょっぱくて、そのタレをしっかり鰻の身がまとっていて、炭火で焼かれた風味と、タレと、うなぎの味が、口に入れた瞬間に香りました。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155325j:plain

タレが染みたごはんも美味しくて、あまりの美味しさに、タレが付いたごはんをおかずに白ごはんを食べられるな…と本気で感じました(笑)

うな重は並でも2,400円ですが、一番リーズナブルな「うな丼」は、1,750円。それでも贅沢なランチにはかわりないですが、せっかく鰻を食べるなら美味しいものを食べたいんだ!!という方には、ぜひおすすめしたいお店です。

うな重には、お新香(茄子、大根)が付いてきました。少し塩辛いお新香は、うなぎの風味でまろやか~になった口の中をガラッと変えてくれて、次の一口のうなぎのまろやかさを何度も味わえました!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155744j:plain

二人での来店で、もう一人はかつ丼をオーダー。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155251j:plain

こちらも、美しい…。なんと上品なかつ丼。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155226j:plain

このかつ丼のカツも柔らかく、豚肉なのでうなぎほどではありませんが、口の中でホロホロと崩れていくような肉質。なんだろう、この上品さは…! 

f:id:ksjlunchcircle:20190704155235j:plain

断面を見るとしっかり火が通っているのに、しっかり噛み応えのあるよくあるかつ丼とは違っていて、やわらか~い絶品のかつ丼です。甘めの味付けが、卵とまた合うんだこれが。

かつ丼は、味噌汁、お新香、小鉢付きでした。小鉢はジャガイモ他の煮つけでしたが、「ランチタイムなので」といただいたものです。

うなぎの名店は魚の定食もうまい! 

初回は「うなぎを食べよう!」と出かけましたが、まわりを見渡してみると、うなぎを食べているお客さんはあまりいないんですよね。こちらは、うなぎ料理専門店ではなくて、定食もやってらっしゃるんです。定食は、サバ文化干し定食が750円、サワラ塩焼き定食が800円など、通いやすいお手頃価格。まあ、たしかに、我々も、うな重みたいなご馳走ランチはめったに食べませんし、食べられません(笑)

f:id:ksjlunchcircle:20190704155400j:plain

「ここは絶対定食もおいしいはず!」とランチリサーチャーの勘がざわつくので、2週間後に、定食を食べに再来店。いざ!

カツオの刺身定食(900円)。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155718j:plain

900円でこの豪華さ!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155727j:plain

「血生臭い」という理由でカツオを好まない方もいらっしゃると思いますが、こちらのカツオはそんな心配無用! 新鮮!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155751j:plain

定食には、ごはん、味噌汁、お新香、小鉢が付いてきます。ごはん大盛は+100円、この日の小鉢はおからでした。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155735j:plain

こちらは、サバの文化干定食(800円)。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155643j:plain

付け合わせのフキの煮物もなんと上品…。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155650j:plain

脂がのったサバは、箸でそっと押すだけで脂がジュワ~!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155659j:plain

脂はのってますが、サッパリした美味しい脂で、焼き加減も塩気も絶妙。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155710j:plain

また、白ごはんがほどよく柔らかくおいしくて、バクバク食べてしまいました。和食と白ごはんって最高の相性ですよね!

味、居心地、パーフェクト!

すぐにリピートしてしまった理由の一つは、お店の雰囲気の良さでした。お茶がなくなったのを見つけたらすぐに気づいてくださったり、ちょっとお話もさせてもらったりと、ホールの女性スタッフがニコニコしていらっしゃって、雰囲気が温かいお店です。

一階と二階に席があって、一階はテーブル席、二階は座敷になっています。こちらは、テーブルの上の薬味と灰皿。全面喫煙可です。場所を変えずに食後の一服ができるので、喫煙家の方には嬉しいですね。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155125j:plain

鰻と魚が美味しい店の酒の肴

ランチタイムに出かけましたが、ランチメニュー以外も注文できます。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155203j:plain

おつまみメニューの中から、海ブドウ(400円)をオーダー。

f:id:ksjlunchcircle:20190704155210j:plain

小さい粒がプチプチ~ッと弾ける海ブドウならではの食感! 酒飲みて~~!

f:id:ksjlunchcircle:20190704155218j:plain

「旬が過ぎると塩漬けにするんですよ」と、お店の方が話しておられました。いつの時期もその時ならではの味を楽しめるということですね。

また、ホームページを見たところ、出前もやってくださるそうです。地元密着型で、食に関することならなんでも相談に乗ってくれそうな懐の深さを感じます。

土用の丑の日にも、毎日の定食ランチにも

今年の土用の丑の日は7月27日(土)だそうですね! うな重ももちろん美味しい老舗のうなぎ屋ですが、「鰻屋さんの魚定食」もまた絶品な店です。ここは何度も通いたい名店!

ごちそうさまでした!