北千住ランチを食べ歩く!北千住ランチサークル

【北千住専門グルメ情報サイト!】北千住で勤務するメンバーが、北千住駅周辺のリアルなランチ情報をお届けします!

北千住の親子カフェ!親子で楽しい&美味しい「こそだて喫茶 cotoca」

f:id:ksjlunchcircle:20190807131751j:plain

【店名】こそだて喫茶 cotoca
【ジャンル】カフェ・喫茶
【住所】東京都足立区千住2-18
【ランチ喫煙可否】禁煙
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】日曜・月曜・祝日
【TEL】03-6320-2736
【アクセス】北千住駅西口徒歩7分

遊んで、学べて、美味しい!体験型の親子カフェ♪

2018年4月のオープン以来ずっと気になっていた、こそだて喫茶cotocaへ。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131317j:plain

路地裏にひっそりとたたずむ、古民家を改装した親子カフェです。この日も、お店の前にはベビーカーが並んでいます。

f:id:ksjlunchcircle:20190807151038j:plain

お邪魔しまーす。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131357j:plain

雰囲気が温かくて、「知り合いのお家に遊びにきた」感覚♪

f:id:ksjlunchcircle:20190807132222j:plain

店内の様子です。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131548j:plainおもちゃや本がたくさん!

f:id:ksjlunchcircle:20190807131616j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20190807131558j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20190807131524j:plain

遊具まで!

f:id:ksjlunchcircle:20190807131513j:plain

2歳のママと、4歳のママの二人での来店でした。「ここ、うちの子をつれてきたら絶対よろこぶ!」と、子どもがはしゃぎまわる姿を想像して目がキラキラに。大人2人での来店なのに(笑)

おもちゃ、テーブル、いす…子どもと親のためのカフェ!

ローテーブルに座布団というスタイルなので、安心して子どもを座らせられます。ごはんをちょっと食べたらすぐにおもちゃのところへ行っちゃいそうですが(笑)、おもちゃに囲まれてのごはんは、子どもにとっては最高の贅沢ですよね。

子どもが楽しそうに遊んでいてくれると、親のほうもゆっくりと美味しいごはんがいただけるという…親にとっても最高に贅沢!

座布団に座ってのランチなので、遊び回る子どもと同じ目線で過ごせるのも良いな~と。

f:id:ksjlunchcircle:20190807132037j:plain

テーブルの角はクッションが貼られていたり、階段にはゲートがあったりと、親目線の安心ポイントがたくさん。

f:id:ksjlunchcircle:20190807132134j:plain

もちろん、子ども用の椅子も。

f:id:ksjlunchcircle:20190807132008j:plain

遊び場の利用料金は、子ども1人につき500円で、2人目からは半額。2時間での料金で、2時間を超えると30分単位で250円ずつ延長料がかかります。0歳6カ月未満のお子様は無料とのこと。

ヘルシーで、おいしくて、食育も!

メニューです。大人用のランチメニューは「玄米プレートランチ」(1,080円)の1種のみでした。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131642j:plain

ナチュラルな木の器。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131751j:plain

メインは、足立区産の無農薬野菜のセイロ蒸し。「近くでとれたとれたてのお野菜を、あえて丸ごと食べていただく」というお店の”食育”スタイルなんです。そういえば、子どもたちが知ってる野菜っていうのは、皮が剥かれてカットされて、煮たり焼いたりされた後の状態なんですよね。野菜そのものの形をしっかり教えることは、たしかに現代ではとても大事!

f:id:ksjlunchcircle:20190807131759j:plain

にんじんも皮ごと。セイロ蒸しなのでホックリ! 皮ごと食べるのがこんなにやわらかくて美味しいの?っていうくらい、お野菜本来の甘さを味わえます。お野菜そのものが新鮮で美味しくないとできない贅沢。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131814j:plain

セイロ蒸しにつく2種類のソースは、茶色のほうが酢味噌、黄色のほうがカレーマスタード。お野菜そのままで食べても美味しいですが、ソースをつけるとまた違う味に。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131728j:plain

同じ野菜を使った、自家製のお漬物とお味噌汁。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131739j:plain

お味噌汁には、野菜と油揚げがたっぷり。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131903j:plain

玄米ごはんがモチモチ! 玄米ごはんというと、すこし固めというか、さらっとしているイメージがありましたが、こちらの玄米ごはんはとてもモチモチ。甘みも感じます。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131918j:plain

お気づきかと思いますが、こちらのメニュー、お肉、お魚が使われていません!

食の面からの健康にとてもこだわるお店で、「授乳中のお母さんや妊婦さん、お子さんも安心して食べられるものを」というコンセプトなんだそうです。

お子様プレートや、おにぎり、スイーツも

子ども用のメニュー「お子さまプレート」(650円)も、大人と同じメニューがそのままサイズダウンしたもの。「ママやパパと一緒のものを食べたい」という子どもの夢も叶えられるメニューなんです。

玄米おにぎり(塩・梅・のり佃煮 150円)や、ごはんとお味噌汁のセット(小300円、大450円)など、子どもが食べやすい単品メニューもありました。ごはんがモチモチなので、うちの子どもだったらバクバク食べそうです。

カフェ利用もOK。店内には、「本日のスイーツ」が書かれた黒板が。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131635j:plain

豆乳チョコアイス(レモンジャム添え)350円、玄米だんご(+メープルシロップ+きな粉)300円など、スイーツも健康志向。

豆乳バニラアイス(300円)と米粉マフィン(380円)をオーダーしました。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131929j:plain

こちらは、豆乳バニラアイス(杏ジャム添え)。豆乳を使っているアイスなので、甘すぎずサッパリ。杏ジャムのフルーティーな甘味がいい感じ♪

f:id:ksjlunchcircle:20190807131940j:plain

こちらは、米粉マフィン(380円)。紅茶とレモンから味を選べて、紅茶のほうをオーダー。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131950j:plain

握りこぶし1個くらいのしっかりサイズで、中はしっとり柔らか。上に乗ったカリッとした食感のクルミは、クセになる香ばしさ。口に入れると紅茶の香りがふわっと抜けて、一息つくのにピッタリなスイーツでした。ホッコリ♪

f:id:ksjlunchcircle:20190807131959j:plain

親子のための、安心して、食べて、学んで、遊べるスペース

ベビーとママへの心強い味方、授乳やおむつ替えができるスペースもあります。

f:id:ksjlunchcircle:20190807132151j:plain

そして、驚いたのが、おしぼりのシステム。これ、おしぼりなんです。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131827j:plain

水に浸せば…

f:id:ksjlunchcircle:20190807131843j:plain

圧縮されていた紙がむくむくっと広がって、おしぼりに!

f:id:ksjlunchcircle:20190807131852j:plain

このおしぼりは1枚10円で販売されていますが、プラスチックごみを減らすための試みなんだそうです。環境問題は子どもたちの未来に関わる問題ですものね。

f:id:ksjlunchcircle:20190807131433j:plain

食育や環境問題だけではなくて、こちらのカフェでは、子どもとの関わり方や、子どものことも学べるんです。

壁には「集中現象」についてや、「見守りましょう」という案内も。ランチを食べながら、「フムフム~」とついつい熟読しますよね。

 

f:id:ksjlunchcircle:20190807132111j:plain

こういう遊び場にくると、子ども同士のおもちゃの取り合いやケンカって必ず起きるじゃないですか。そうなると、私だったらいつも飛び出していって「順番に使おうね」などなどと、子どもをなだめてしまうんですが、こちらのお店では「見守り」での解決を推奨しています。

子ども同士が取り合いやケンカをしても、大人は口出しないで、子どもだけで解決するのを「見守る」というスタイルなんです。ダメなことはダメだけど、大人が介入しすぎることが、子どもの成長をかえって妨げてしまうんだな~と。

こんなふうに、こちらのお店は、たくさんのことを気づかせてくれる「学べる」カフェなんです。

おむつなし体験、ワークショップ、「食」についてのお話会も!

子育て相談会や、クラフトレッスンなど、さまざまなイベントも開催しています。

f:id:ksjlunchcircle:20190807132051j:plain

そして、一番気になったのがコレ。「おむつなし体験」!

f:id:ksjlunchcircle:20190807131445j:plain

子ども1人につき800円(2時間)で、オムツを外して、お兄さんお姉さんパンツを借りて、お部屋に備わったおまるで用を足す「おむつなし体験」ができるんです。「トイレトレーニングをするなら、おむつはあえてはかせないで、排せつする時の感覚を覚えさせたほうがいいよ」とはよく聞きますが、「で、どうやるの?」と頭の中に「?????」が浮かんだこと、ありませんか? cotocaではそれが体験できるんです!

ほかにも、年齢に合わせたさまざまなイベントが開催! イベント内容は月によって替わりますので、お店のHP(足立区千住「こそだて喫茶cotoca」)をチェックしてみてくださいね。予約が必要そうなので、行かれる方はご注意!

f:id:ksjlunchcircle:20190807132212j:plain

迷子にならないために!お店への行き方

お店に向かう途中に道に迷ってしまい、電話で道を教えてもらいました。丁寧に教えてくださったおかげでなんとかたどり着けたのですが、初めて出かける方にはちょっとわかりにくい場所にあるかも。

というわけで、詳しいアクセス情報を載せますね♪

ほんちょう商店街と並行に並んでいる、赤門寺藤やタンブリン カレー&バー 北千住がある路地までたどり着ければ、あとは簡単!

f:id:ksjlunchcircle:20190809112356j:plain

この路地のきたろーど側にある、喫茶店利休の左の角を駅を背にした方角に曲がります。(※下の画像の黄色い矢印の方角)

f:id:ksjlunchcircle:20190809172559j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20190809172720j:plain

到着!

f:id:ksjlunchcircle:20190809172542j:plain

《きたろーどから行く場合は…》

北千住駅西口前の大通り、きたろーどから行く方は、鳥彩々のある角を目印に。手前の道を左折します(※下の画像の黄色い矢印の方角)

f:id:ksjlunchcircle:20190809172619j:plain

右手に喫茶店利休が見えたら…

f:id:ksjlunchcircle:20190809173025j:plain

右折します。

f:id:ksjlunchcircle:20190809112534j:plain

お店までもう少し!

f:id:ksjlunchcircle:20190809172658j:plain

《洋服の青山のある道から行く場合は…》

最後に、もう一本4号線側の道、洋服の青山やそば助がある通りから行く方法です。

f:id:ksjlunchcircle:20190809172556j:plain

この角を右折します。

f:id:ksjlunchcircle:20190809172609j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20190809172606j:plain

道なりに進みます。

f:id:ksjlunchcircle:20190809172624j:plain

何度か角を曲がりますが、そのまま道なりに進むと…

f:id:ksjlunchcircle:20190809172635j:plain

緑の壁の建物があって、その先にお店が見えます。

f:id:ksjlunchcircle:20190809172646j:plain

到着!

f:id:ksjlunchcircle:20190809172658j:plain

お子様連れだからこそ楽しめるカフェ!

美味しい料理を味わって、楽しんで、学べて、我が子との距離がもっと縮まるような、ありがた~いお店でした。ぜひお子様連れで行ってみてください!

ただ、席数が少ないため、ご予約をオススメします。予約はお店のHP(足立区千住「こそだて喫茶cotoca」)やLINE、お電話で。

ポイントカードもLINEを利用されているようです。PayPayにも対応されていたりと、あらゆる面での「痒いところに手が届く」感じがすごすぎる…。

f:id:ksjlunchcircle:20190807132230j:plain

ごちそうさまでした!