北千住ランチを食べ歩く!北千住ランチサークル

【北千住専門グルメ情報サイト!】北千住で勤務するメンバーが、北千住駅周辺のリアルなランチ情報をお届けします!


まるで日本酒!?「千住宿 珈琲物語」真夏のアイスコーヒー!

f:id:ksjlunchcircle:20200702135950j:plain

【店名】千住宿 珈琲物語
【ジャンル】コーヒー専門店、喫茶店、カフェ
【住所】 〒120-0034 東京都足立区千住3丁目 東京都足立区千住3-6
【営業時間】月・水~土/8:00~20:00、日・祝/9:00~20:00
【定休日】火曜日
【ランチ喫煙可否】全席禁煙
【TEL】03-3882-55247
【アクセス】北千住駅西口より徒歩6分

北千住西口側に徒歩6分。小さな商店街にたたずむ落ち着いたたたずまいの喫茶店、千住宿 珈琲物語です。

f:id:ksjlunchcircle:20200702135753j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20180219122655j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20200702135740j:plain

焙煎マスターがいらっしゃる本格コーヒーが楽しめるカフェで、外から見るよりも席数が多く、50席ほど。かなりゆったりとしていてくつろげます。

f:id:ksjlunchcircle:20180219122730j:plain

「くつろげるカフェ」「長居がしやすいカフェ」として、とっても居心地が良いので、実はメンバーが何度もお邪魔しているオススメ店。これまでに何度かご紹介もしてきました♪

お店へのアクセスや、ランチにもピッタリな技アリトーストなどは、以前紹介した記事をご覧くださいね!

”涼”を楽しむ!真夏にピッタリなアイスコーヒー!

さて、蒸し暑くなってきました!

冷たいコーヒーをお願いしたらとってもステキだったので、今回はアイスコーヒーをご紹介!

これです。日本酒のようですが、アイスコーヒー!

f:id:ksjlunchcircle:20200702135950j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20200702140002j:plain

こちらのお店は、コーヒーだけでなく、器にもとてもこだわられています。カウンターの奥には食器棚がつくられていて、一面に有田焼などの器が! 季節にピッタリのカップを選んでコーヒーを楽しませていただけるんです。

f:id:ksjlunchcircle:20200702140145j:plain

その、器に途方もないこだわりを感じる千住宿珈琲物語が、夏季に提供するアイスコーヒーが、コレ。美し過ぎる…!

f:id:ksjlunchcircle:20200702140023j:plain

ヒビの模様が涼しげなガラスの器に、コーヒーの大きな氷塊が入って提供されます。実はこの氷は「ブレンドコーヒー」を凍らせたもの。ブルーの徳利にも冷たいコーヒーが入っていて、アイスコーヒーをコーヒーで作った氷に入れていただくので、氷が解けても味が薄まらない!

f:id:ksjlunchcircle:20200702140036j:plain

しかも、こちらのグラスに2杯分くらいの量! 徳利からセルフおかわりをして2杯目を飲み、2杯飲み切るまでに30分以上かかりましたが、氷がかなり大きめなので、なかなか溶けない! ずっと冷たい! それなのに、薄まらない!(溶けてもブレンドコーヒーなので、もっと時間をかけていたら3杯目も楽しめたかも…)

f:id:ksjlunchcircle:20200702140049j:plain

焙煎マスターがいらっしゃるお店のブレンドですから、コーヒーそのものも深い味わいんです。香りの豊かさが印象的でした。

ガムシロップとミルクもステキな器で提供されます。この、器へのこだわりよ…。

f:id:ksjlunchcircle:20200702140014j:plain

普段はミルクもガムシロップも使わない派なんですが、なんとなく使いたくなっちゃう美しさです♪

器や見た目の楽しさって、普段はしないことにチャレンジさせてくれたり、気分をリフレッシュさせてくれますよね。

f:id:ksjlunchcircle:20200702140122j:plain

ちなみにこちらは、「カフェ アイスレスアイス」(780円)という名前の夏季メニューです。通常メニューのアイスコーヒー(530円)とは異なりますので、ご注文の際にはご注意くださいね!

f:id:ksjlunchcircle:20200702135631j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20200702143249j:plain

本格コーヒー店の、ひんやりコーヒースイーツ!

こちらは、「カフェ・アーモンドクレーム」(680円)。2層段に分かれたアイス・オ・レの上に、たっぷりのクリームと、香ばしいアーモンド!
f:id:ksjlunchcircle:20200702140059j:plain

下層のミルクは甘めで、上層のブレンドコーヒーと混ぜつついただく至福の時間…。トップのアーモンドは、提供される直前に炒られるので、香ばしさがマックスの状態でテーブルにやってきます。

f:id:ksjlunchcircle:20200702140110j:plain

マスターによると、「はじめから混ぜずに、生クリームとアーモンドをまずはスプーンで味わってください。その後、コーヒーとミルクのアイス・オ・レを楽しむのがオススメですよ」とのこと。おっしゃる通りにいたしましょう!――うまい!!

f:id:ksjlunchcircle:20200702144012j:plain

さすがは器にこだわるお店で、コースターも有田焼です。どこを見ても美しい、癒しの空間。

前々から知ってましたが、やっぱり北千住が誇る喫茶店のひとつ!

ぜひ出かけて、くつろいでいただきたい素敵な喫茶店です。

モーニングからランチ、ディナー後のコーヒーまで

お邪魔したのが10時台だったので、モーニングのメニューも出ていました。こちらのお店は8時から営業されていて、8時から11時半ならモーニングサービスもいただけます。

コーヒーとバタートースト、ゆでたまご、自家製ポテトサラダがついて640円!

f:id:ksjlunchcircle:20200702135912j:plain

しかも、いただくコーヒーは焙煎マスターがいらっしゃる本格派。美しい器と、この癒しの空間ですよ。プライスレス!

f:id:ksjlunchcircle:20200702135840j:plain

トーストは、ランチのメニューで以前いただきましたが、「忘れていた…トーストとはこうである!!」と思い出せていただける厚切り&バターの風味。幸せの朝ごはんになることは間違いないですよ♪

(※こちらの画像はトーストサンドのランチサービスです。ランチタイムのリサーチ記事についてはこちらへ)

f:id:ksjlunchcircle:20180219142801j:plain

モーニングの時間帯でなくても、バタートースト(薄切り220円、厚切り370円)や、以前いただいて感激した「黒蜜きなこトースト」など、ランチや軽食にピッタリのメニューもあります。

f:id:ksjlunchcircle:20200702135705j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20180219142839j:plain

コーヒーはテイクアウトもOK! スイーツも楽しめる。

コーヒーのテイクアウトサービス(530円)もありました。店内でいただくアイスコーヒーのお値段と同じですね。

f:id:ksjlunchcircle:20200702135717j:plain

コーヒー豆の購入もOK。お家でも楽しめますね。

f:id:ksjlunchcircle:20200702135640j:plain

カウンターそばのショーウィンドウにはケーキも。ケーキの甘さやお味もコーヒーにピッタリなんですよね。――というか、器も、スイーツも、店内の雰囲気も、すべてがコーヒーに合うように提供されるので、マスターのコーヒー愛を感じずにはいられないお店です。

f:id:ksjlunchcircle:20200702135851j:plain

f:id:ksjlunchcircle:20200702135902j:plain

店内奥には焙煎室があり、豆が炒られる音や香りがつねに漂っています。この香りと音を味わうためだけでも通いたくなるお店です。

f:id:ksjlunchcircle:20200702135829j:plain

ごちそうさまでした!

f:id:ksjlunchcircle:20200702140155j:plain